*

発表会でのアンサンブル演奏

   

2016年3月19日(土)に生徒さんの発表会を行うことになりました。

毎回、生徒さんとのアンサンブルをすることにしていますが、今まではバッハの「2つのヴァイオリンのための協奏曲」など、ヴァイオリンだけでした。今回は、私がヴィオラに初挑戦をすることにし、チェロも入ってのカルテットができることになりました!

楽器は、一人で披露するのも良いものですが、なんといってもアンサンブルの楽しみは格別です。特にヴァイオリンはメロディーラインを担当することが多い楽器ですので、ピアノなどの伴奏があってはじめて成り立つようなところがあります。他の楽器とあわせたときに「楽しい!」と思う気持ちは言いようがありません。

しかし、弦楽器同士であわせるというのはなかなか大変な点があります。ピアノとあわせるのとは全く違う感覚です。弦楽器は自分で正しい音程にあわせなければならず、4本の弦が演奏者全員きっちりあっていあければなりません。調弦がぴったりあっていないと、ものすごく気持ち悪く聴こえてしまうからです。そして、演奏しているときも常にお互いの音程がずれないように集中しなければなりません。正しい音程をとるというのは本当に大変な訓練が必要です。目印は何もないし、すべて手の感覚、体で覚えるしかありません。そういう苦労を乗り越えて、初めて楽しい思えるようになります。ぴったりあったときの音の広がりや響きの美しさは特別です。アンサンブルが楽しめるようになると、音楽してるな~と実感できるのです。

今回初挑戦するヴィオラはヴァイオリンより少し大きい楽器です。弦の数は同じですが、一番高い弦の音は”ラ”(A線)、低い弦が”ド”(C線)になっています。普段ひいている音よりはるかに低い感じがして、C線を鳴らしたときには大興奮!!!体に響いてくる低音の振動が心地よいこと!また、ヴィオラの楽譜はト音記号ではなく、ト音記号で書かれた楽譜の”シ”にあたる場所がドとして書かれています。つまり、いつも慣れている楽譜の”ド”は”レ”を表しています。この楽譜を読むのにまた一苦労。瞬間、何の音なのかわからなくなります。C線を弾くのにももうしばらく慣れるまで時間がかかりそうです。

発表会では、モーツアルトの「アイネクライネナハトムジーク」の1楽章を演奏する予定です。生徒さん2人が第1、第2ヴァイオリンを担当します。あと1ヶ月ほどですが、きっと楽しい演奏になること間違いないでしょう。

音楽は、字の如く、楽しまなくては!!!

photo (4)

左がヴィオラ、右がヴァイオリン

 -ヴァイオリンのレッスン


  関連記事

ふりふりワンピース

最近始めたばかりのAちゃん、とHちゃん、いつも女子力満載のワンピースで決めてきます。 いつもかわいいわね~、とコメントすると少し鼻の穴がふくらみつつ嬉しそうにしています。 どうやら、お母様方によると、

こどものためのコンクール2017

2017年があっという間にすぎて、既にもう1月も終わろうとしているのですが、2017年12月に刈谷にて開催されたこどものためのコンクールについて書こうと思います。 今年は、当教室から4人も参加すること

春の発表会

先日の3月19日土曜日に春の発表会を行いました。 前日の夜は激しい雨と風、また今年も、3年連続雨になるのか、、、と少々憂鬱な気持ちで過ごしました。 午前中はまだ曇り空でしたが、段々青空が見えてきて気温

春の発表会in Hawaii

毎年、生徒さんの発表会を3月中旬から4月初旬にかけて開催します。今年は、地元で発表会を行った後(現在日時は未定です)、ハワイのホノルルにある姉の教室と合同でハワイでも開催することとなりました。ハワイで

春の発表会2017

4月2日に1年に一回の発表会を開催しました。今年の発表会も、いつもお世話になっている八の蔵でさせていただき、とても和やかな雰囲気で、楽しく演奏できたと思います。 今年は習い始めて1年未満の生徒さんも何

レッスンの楽しみ

春は、眠っていたものがいっせいに目を覚まし、新しい命が芽生えてくる季節であり、日本では卒業や入学、入社など、人生の大きな変化が起こったりする時期でもあります。何か新しいことを始める方も多いのではないで

クッキー

先日のレッスン、いつものようにKちゃんがひとりでレッスン室に入ってきました。Kちゃんはヴァイオリン以外にもピアノをとてもがんばっている生徒さんです。10月にもピアノのコンクールに出場し、次は名古屋でも

ハワイでの発表会・Class Concert in Hawaii

3月19日の日本での発表会に続き、3月26日にハワイで姉主催のヴァイオリン教室と合同で発表会を行いました。初めての試みでしたが、必ず楽しい発表会になる、という予感がありました。発表会終了2日で準備をし

K子ちゃん、新作披露

このごろ、毎週レッスンでK子ちゃんは新作を披露してくれる。 最初、お母様から「どうしても弾きたいというので聴いていてもらえませんか?」と申し訳なさそうに申し出られた。私はこういう前向きな話は大好きだ。

春の発表会 2018

桜の季節があっという間に過ぎ去り、なんと初夏のような天気。もたもたしているうちに、発表会が終わって2週間が過ぎてしまいました。 今年の発表会もとても充実した良い発表会となりました。これも日々鍛錬を積ん

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

春の発表会 2018

桜の季節があっという間に過ぎ去り、なんと初夏のような天気。もたもたしているうちに、発表会が終わって2週間が過ぎてしまいました。 今年の発表会もとても充実した良い発表会となりました。これも日々鍛錬を積ん

こどものためのコンクール2017

2017年があっという間にすぎて、既にもう1月も終わろうとしているのですが、2017年12月に刈谷にて開催されたこどものためのコンクールについて書こうと思います。 今年は、当教室から4人も参加すること

コンクール2017

今年もとうとうコンクールの季節になりました。今年は参加人数も増え、緊張感がますます高まってきました。 最近コンクールに向けて少々厳しめのお稽古が続いているK子ちゃんは、ほぼ毎日お家で涙涙の連続らしく、

クッキー

先日のレッスン、いつものようにKちゃんがひとりでレッスン室に入ってきました。Kちゃんはヴァイオリン以外にもピアノをとてもがんばっている生徒さんです。10月にもピアノのコンクールに出場し、次は名古屋でも

ヴェネツィアでヴィヴァルディを聴く

ヴェネツィアといえば、ヴィヴァルディ、ということで、フェニーチェの次は、サン・ヴィダル教会で行われたヴェネツィア室内合奏団のコンサートを楽しみました。 これまた定番の四季。どんな四季が聴けるのか、期待

  • 愛知県出身。東京外国語大学ロシヤ語学科卒業。卒業後商社勤務を経たのちに音楽家に転身したという異例の経歴を持つ。
    2歳半よりヴァイオリンを始めるが15歳で中断。音楽とは一切関係のない生活を送っていたが、退職を決意し、2007年に渡仏。エコールノルマル音楽院(パリ)に入学し、ヴァイオリンをソランジュ・デッサンヌ氏、室内楽を故マリ=ピエール・ソマ氏に学ぶ。
    2011年11月に帰国。2012年2月より東京・大阪を中心に室内楽の演奏活動を積極的に行うと同時に、愛知県にて後進の指導にもあたっている。