*

刈谷こどものためのコンクール2019

   

毎年恒例となっている刈谷こどものためのコンクールが終了しました。

今年もさらに皆パワーアップして、とうとう銀賞2名、銅賞5名いただくことができました。

毎年課題曲がレベルアップしているようで、特に小学校高学年は曲を最後まで弾きとおすだけでも大変です。それにもかかわらず、果敢に挑戦する生徒たちの姿に感動すら覚えます。

今回初挑戦だった幼稚園年中のY君。色々なものの観察が大好きで、レッスン室に置いてあるものが何か増えると必ずみつけて「何これ?」と聞いてきます。

悪く言うと、ちょっと集中力が散漫、、、、

子供のすごいところは頭で別のことを考えながら曲は一応弾いているところ。ある意味ものすごいことをやってのけていますが、先生の言うことを聞いてるかな???

そんなやりとりをしつつ、本番直前までご両親もはらはらどきどき。こんなのでいいんでしょうか、とお母様は直前まで心配されていました。

そんな大人たちの心配をよそに、Y君の舞台は堂々たるもの。歩き方も落ち着いて、なかなかの演奏っぷり。銅賞を頂きました。

銀賞をとったHちゃん、Aちゃんはよく練習しました。

Hちゃんは根っからの負けず嫌い。前回は銅賞をとることができましたが、それでも金賞・銀賞の発表の後の表彰式で、観客席から悔しそうに舞台をみつめていました。

「舞台に上がれる子は3時間ぐらい練習しているそうだよ」と、かるーく言ったつもりだったのですが、Hちゃんは本当に3時間練習をしたそうです。あっぱれHちゃん。

Aちゃんは普段レッスンのときにはふざけていることが多く、お母様に「ちゃんとやりなさい!」と横から怒られることも。しかし、集中力は抜群。おうちでもしっかり練習していて、新しい曲もすぐに完成させてからレッスンに臨みます。

普段はみせない負けず嫌いですが、今年は舞台にあがる、と断言し、本番終わってからも発表前にもう舞台にあがる用意をしていました。お母様は何を言ってるんだか、と笑っておられましたが、Aちゃんもやり遂げました。

子供というのは面白いものだなあ、と改めて思いました。

他に参加した生徒たちも、本当に素晴らしい頑張りでした。賞をとることは一つの目標かもしれませんが、コンクールに出ることの意義のほうが大事だと思います。たまたま今回は賞は頂けなかった生徒さんも、あの大きな舞台へと向かっていく、それだけでもすごい勇気が必要です。みな、よくがんばりました。子供たちのひたむきな姿はすがすがしくて眩しいですね。

「できるわけがない」と切り捨てては絶対にいけない、と良い教訓となりました。

きっとそれは子供だけでなく、大人でも一緒なのだと思います。

考えてみれば、自分も不惑の域になってからの留学。

人生、短いのだから、やりたいことがあったらまずやってみる。一度きりの人生ですもの。

 

 -ヴァイオリンのレッスン


  関連記事

ハワイでの発表会・Class Concert in Hawaii

3月19日の日本での発表会に続き、3月26日にハワイで姉主催のヴァイオリン教室と合同で発表会を行いました。初めての試みでしたが、必ず楽しい発表会になる、という予感がありました。発表会終了2日で準備をし

春の発表会in Hawaii

毎年、生徒さんの発表会を3月中旬から4月初旬にかけて開催します。今年は、地元で発表会を行った後(現在日時は未定です)、ハワイのホノルルにある姉の教室と合同でハワイでも開催することとなりました。ハワイで

クッキー

先日のレッスン、いつものようにKちゃんがひとりでレッスン室に入ってきました。Kちゃんはヴァイオリン以外にもピアノをとてもがんばっている生徒さんです。10月にもピアノのコンクールに出場し、次は名古屋でも

春の発表会

先日の3月19日土曜日に春の発表会を行いました。 前日の夜は激しい雨と風、また今年も、3年連続雨になるのか、、、と少々憂鬱な気持ちで過ごしました。 午前中はまだ曇り空でしたが、段々青空が見えてきて気温

K子ちゃん、新作披露

このごろ、毎週レッスンでK子ちゃんは新作を披露してくれる。 最初、お母様から「どうしても弾きたいというので聴いていてもらえませんか?」と申し訳なさそうに申し出られた。私はこういう前向きな話は大好きだ。

発表会

先日、4月5日(日)に生徒さんの発表会を開催いたしました。 何年も練習してきた生徒さんもいれば、レッスンを始めてまだ半年も経たない生徒さんもいますが、皆さんとても一生懸命練習をして、素晴らしい演奏会と

春の発表会 2018

桜の季節があっという間に過ぎ去り、なんと初夏のような天気。もたもたしているうちに、発表会が終わって2週間が過ぎてしまいました。 今年の発表会もとても充実した良い発表会となりました。これも日々鍛錬を積ん

ヴァレンタインのチョコレート

今年も2月14日、ヴァレンタインデ―がやってきました。 前日にKちゃんのレッスンがあり、早速「先生、ヴァレンタインのチョコレートです。」ときれいな包装の包みをくれました。 毎年、先生にも手作りチョコを

コンクール

今年の12月23、24日に行われた刈谷こどものためのヴァイオリンコンクールに生徒が2名参加しました。K子ちゃんは銅賞、H君は努力賞でした。二人とも本当に短い時間でよく練習してくれました。 K子ちゃんは

毎日のお稽古

発表会がおわり、もうすぐ1ヶ月が過ぎようとしています。本当に時間が経つのはあっという間。 将来ヴァイオリンの先生になりたいという夢を持っているK子ちゃんは今週も元気にレッスンにやってきました。次の目標

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
こどものためのコンクールin刈谷2021

またしても数か月経ってしまいましたが、コンクールの結果について書こうと思います。 2年ぶりのコンクールで、生徒たちのやる気もぐっとあがりましたが、なかなかどうして仕上げまでが苦労致しました。途中でオン

no image
7か月過ぎてしまいましたが、、、コンサートの報告!

コロナ禍であることをいいことに、怠け癖がついてしまい、猛省をしている今日この頃です。 幸い、日本では落ち着いているのですが、ヨーロッパなどでは再び増加して大変な状況ですが、それでもwithコロナの生活

親子で楽しむ音楽会2021

2020年はコロナのお陰で、3月に予定していた発表会は中止になり、4月に予定していたコンサートも1年延期、12月のコンクールも中止、散々でした。生徒たちもモチベーションが下がっており、なんとなく緩んで

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

ヴァレンタインのチョコレート

今年も2月14日、ヴァレンタインデ―がやってきました。 前日にKちゃんのレッスンがあり、早速「先生、ヴァレンタインのチョコレートです。」ときれいな包装の包みをくれました。 毎年、先生にも手作りチョコを

  • 愛知県出身。東京外国語大学ロシヤ語学科卒業。卒業後商社勤務を経たのちに音楽家に転身したという異例の経歴を持つ。
    2歳半よりヴァイオリンを始めるが15歳で中断。音楽とは一切関係のない生活を送っていたが、退職を決意し、2007年に渡仏。エコールノルマル音楽院(パリ)に入学し、ヴァイオリンをソランジュ・デッサンヌ氏、室内楽を故マリ=ピエール・ソマ氏に学ぶ。
    2011年11月に帰国。2012年2月より東京・大阪を中心に室内楽の演奏活動を積極的に行うと同時に、愛知県にて後進の指導にもあたっている。