*

Profile

演奏3

愛知県出身。東京外国語大学ロシヤ語学科卒業。卒業後商社勤務を経たのちに音楽家に転身したという異例の経歴を持つ。
2歳半よりヴァイオリンを始めるが15歳で中断。音楽とは一切関係のない生活を送っていたが、退職を決意し、2007年に渡仏。エコールノルマル音楽院(パリ)に入学し、ヴァイオリンをソランジュ・デッサンヌ氏、室内楽を故マリ=ピエール・ソマ氏に学ぶ。
2011年11月に帰国。2012年2月より東京・大阪を中心に室内楽の演奏活動を積極的に行うと同時に、愛知県にて後進の指導にもあたっている。

自己紹介

「音楽とは、言葉をさがしている愛である」

(シドニー・ラリエ)

演奏4


の大好きな言葉です。素晴らしい音楽に触れたとき、心に広がる暖かさは言葉で表せません。音楽をたどるとき、自分の人生を思い出すことでしょう。
音楽には本当に素晴らしい力があります。

私自身も音楽の愛に助けられ、今の自分があります。私にとっては自分を表現できるものがヴァイオリンでした。
まだクラシック音楽は敷居が高いというような印象が強いようです。なんてもったいない!

気軽に楽しみながら聴いていただく機会をもっと作りたい、そしてヴァイオリンの素晴らしさを少しでも多くの方に知っていただければ、と思い、演奏活動を始めました。

 

演奏1

現在、愛知県豊川市という小さな町でヴァイオリン教室も開いています。生徒さんの年齢は様々です。60歳を過ぎてはじめられた方もいらっしゃいます。
そうなのです、やろうと思ったときがはじめるとき。年齢制限などありません。
音楽は、そもそも全身で楽しむものなのです。

もうひとつ、私の大好きな言葉。

「音楽は背徳を伴わない唯一の官能的な楽しみである」

(サミュエル・ジョンソン)

ァイオリンは脳神経の成長に著しい効果をあげることが最近の調査でわかってきました。
音を出すためにはよく耳を澄まして的確な場所に左手の指をおき、右手は弓で全く違う動きをしなければならず、さらに左手は右手よりもほんの一瞬先に用意しなければなりません。同時にこれだけのことをするには相当の集中力が必要です。
普段使っていない脳をフル回転させなければならないことは言うまでもありません。

海外でも一般的に科学者、医者、弁護士などの職業についている人がヴァイオリンを趣味にしていることが多い理由でもあります。アインシュタインは有名ですね。
しかし、なにより、ヴァイオリンを通して多くのことが学べるだけでなく、人生を豊かなものにできることが一番素敵ではないでしょうか。

演奏2

最後に。
私の経歴は少々変わっていると自分でも思っています。40歳を目前にしていきなり退職、フランスの音楽院受験。ヴァイオリンをやめてブランクは20年以上になっていました。
まさか入学が許されるとは思っていませんでしたが、奇跡的にオーディションにパス。そして、パリへ。


うだ、自分は「中年の星」になろうと、思ったのでした。商社で総合職として働いていたとき、いかに多くの人が人生に疲れて、悩んでいるかを、そして一歩を踏み出せずにいるかをみてきました。
そうした方々にも、このブログを読んで頂いて、前進するきっかけになれたら、と思います。

特に同年代の女性には元気になって欲しい。あきらめないで欲しい。一度しかない人生、思い切り輝いて欲しい、そんな思いでこのブログを始めてみました。

レッスン内容

lesson4_m

ヴァイオリンはとてもとっつきにくいと思われがちな楽器ですが、初心者の方でも分かりやすく指導いたします。
特に体の筋肉・関節の動きにそって無理のない奏法を身につけられます。

場所

愛知県豊川市
出張レッスンも可能です。(名古屋市内、豊橋市、豊川市がメインです)

レッスン

lesson5_m

個人レッスン
ご要望にあわせて回数、レッスン代を決めていきますが、基本は次のコースです。

a. 1回30分、月4回  8,000円
 (鈴木メソード6巻レベル以上は8,500円)

b. 1回50分、月3回 10,000円

アンサンブル

アンサンブルをご希望の方は、相談の上決めさせていただいております。

楽器について

楽器をお持ちでない方は、基本はご購入いただくことになりますが、
レンタルも可能ですので、お気軽にご相談ください。

レッスンを受けられた方の声

10代女性
アンサンブルのような練習もするので、楽しいです。
10歳の生徒さんの親御様
「音楽は世界共通の言語だ」という言葉に共感しました。美華先生に教えていただいてよかったと思います。
50代女性
アンサンブルの楽しさを実感しました。
50代女性
弓の使い方を丁寧に指導してもらい、奥深さを知りました。

コンクール2017

今年もとうとうコンクールの季節になりました。今年は参加人数も増え、緊張感がますます高まってきました。 最近コンクールに向けて少々厳しめのお稽古が続いているK子ちゃんは、ほぼ毎日お家で涙涙の連続らしく、

クッキー

先日のレッスン、いつものようにKちゃんがひとりでレッスン室に入ってきました。Kちゃんはヴァイオリン以外にもピアノをとてもがんばっている生徒さんです。10月にもピアノのコンクールに出場し、次は名古屋でも

ヴェネツィアでヴィヴァルディを聴く

ヴェネツィアといえば、ヴィヴァルディ、ということで、フェニーチェの次は、サン・ヴィダル教会で行われたヴェネツィア室内合奏団のコンサートを楽しみました。 これまた定番の四季。どんな四季が聴けるのか、期待

フェニーチェ劇場で椿姫をみる

9月後半から10月にかけてローマ、フィレンツェ、ピエンツェ、ボローニャ、ヴェネツィアに行ってきました。 大好きなローマ、フィレンツェは3度目でしたが、何度行っても感動と驚き、新発見の連続でした。ピエン

天才棋士

最近将棋の藤井四段が連日のように話題になり、将棋の面白さを始めて知ったり、本当に年齢関係なく「真剣勝負」をし、潔よく「負けました」という姿を見るにつけ、精神年齢が著しく発達していない大人たちの姿がさら

  • 愛知県出身。東京外国語大学ロシヤ語学科卒業。卒業後商社勤務を経たのちに音楽家に転身したという異例の経歴を持つ。
    2歳半よりヴァイオリンを始めるが15歳で中断。音楽とは一切関係のない生活を送っていたが、退職を決意し、2007年に渡仏。エコールノルマル音楽院(パリ)に入学し、ヴァイオリンをソランジュ・デッサンヌ氏、室内楽を故マリ=ピエール・ソマ氏に学ぶ。
    2011年11月に帰国。2012年2月より東京・大阪を中心に室内楽の演奏活動を積極的に行うと同時に、愛知県にて後進の指導にもあたっている。