*

親子で楽しむ音楽会

   

1月20日に不動院幼稚園主催の「親子で楽しむ音楽会」にご招待いただき、演奏させていただきました。以前にもよんでいただいたことがあり、今回は2回目でした。くしくも日付としては某新アメリカ大統領の就任式と同じ日。ものすごく複雑な感情とともに会場へ行きました。前日の夜からなにやら浮かない気持ちでいっぱいでした。でも、幼稚園の先生方の明るい笑顔、元気いっぱいの園児達に迎えられて、くらーい気持ちは吹っ飛びました。

不動院幼稚園の教頭をされている宮川先生は、本格的な歌手でいらっしゃいます。オペラなどの活動をされています。なんと、幼稚園は幸運なんでしょうか。生の素晴らしい歌声をきちんとしたホールで聴くことができるなんて、なかなかありません。そして、楽器の演奏も、ということでよんでいただいたのですが、観客は園児とその保護者の方々。ヴァイオリンを身近に聴く機会はあまりないそうで、それだけに反応はとても正直なものです。子供だからといって安易にアニメなどの曲というのは弾くつもりはなく、せっかくの機会なのでクラシックに限定、ベートーベンのメヌエット、プニャーニのラルゴ・エスプレッシボ、サラサーテのチゴイネルワイゼンの3曲を演奏することにしました。最初は後ろの席にいた子供の何人かが、一番前まで移動してきてくれて、興味を持って聴いてくれているのをみて、本当に演奏を引き受けてよかったなと思いました。

演奏するときには必ず曲の解説や色々な話をすることにしていますが、今回のテーマは「多様性と寛容」に決めていました。今回の演奏はヴァイオリンとピアノですが、2つの違った音が融合して一つの素晴らしい音楽を生み出されます。ヴァイオリンだけをとっても、楽器と弓の2つのものから音が出る。色々なものがあることから生まれてくるものがあるのです。自然界もしかり。多様性がなければ進化もなかったはずです。人間も全く同じではないでしょうか。今回の幼稚園でいえば、色々な性格の子がいて、得意なことも皆それぞれ違う。そして一つの組ができ、組がまたいくつかあって学年ができ、園ができている。大事なのは多様性であり、多様性を認めることで寛容さが生まれるのだと思います。寛容がなくなってしまうと、文化も育たない、ぎすぎすした社会になってしまう。新アメリカ大統領就任で世界は大きく変わると予想されます。既に分断が始まってもいます。たかが日本の中の一小市民である私ができることなどないに等しいのですが、これから世界へと羽ばたいていく子供達に、人として大事なことは何かを考えて欲しいと思いました。そういった意味でも、今回の演奏は私にとってとても大事な機会となりました。不動院幼稚園の先生方に感謝感謝です。

最後、園児達を出口で見送りましたが、一緒に写真をとったり、握手したり、これもまた楽しいひと時でした。

また、いつでも招待くださいね!

 

 

 -演奏活動


  関連記事

音楽の愛に助けられ~ 豊川ライオンズクラブ55周年記念事業

12月9日に豊川ライオンズクラブさんと豊川共生ネットみらいさんの共催でコンサートをさせて頂きました。 「一度しかない人生、思い切り輝く」と題して、女性の社会進出という観点からプログラムを構成させていた

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

東海市芸術劇場 ロビーコンサート

2016年1月31日(日)の午前11から15分ほど、東海市芸術劇場のロビーでミニコンサートで演奏させていただきます。 ピアニストの保坂紗苗さんと、ドビュッシーの美しき夕暮れ、ラベルのヴァイオリン・ソナ

春の発表会2017

4月2日に1年に一回の発表会を開催しました。今年の発表会も、いつもお世話になっている八の蔵でさせていただき、とても和やかな雰囲気で、楽しく演奏できたと思います。 今年は習い始めて1年未満の生徒さんも何

東海市芸術劇場ロビーコンサート

早いもので、もう2月に入りました。あの極寒はどこへやら、風は冷たいですがなんとなく春めいてきたように感じます。 さて、1月31日東海市芸術劇場のロビーにて友人のピアニスト保坂紗苗さんと一緒に20分ほど

no image

7か月過ぎてしまいましたが、、、コンサートの報告!

コロナ禍であることをいいことに、怠け癖がついてしまい、猛省をしている今日この頃です。 幸い、日本では落ち着いているのですが、ヨーロッパなどでは再び増加して大変な状況ですが、それでもwithコロナの生活

大阪での演奏

5月の初旬、私が長年勤務していた某商社の部門のOB・OG会から演奏のご依頼を受け、演奏させていただきました。 会場にはピアノがないため、姉とのヴァイオリンデュオの編成。ヴァイオリンは、メロディーを奏で

春の発表会

先日の3月19日土曜日に春の発表会を行いました。 前日の夜は激しい雨と風、また今年も、3年連続雨になるのか、、、と少々憂鬱な気持ちで過ごしました。 午前中はまだ曇り空でしたが、段々青空が見えてきて気温

Le Passage de la Musique

あっという間に月日は過ぎて、前回東京で行ったコンサートからはや5年。 家族の健康問題などでしばらくできなかったコンサートですが、ピアニストの石川真帆さんとのデュオで2019年9月28日にコンサートを渋

クリスマスコンサート2016

今年もあっという間に時間が過ぎ、気がつけばもう12月。 なにか激動の時代に突入しそうな2017年を前に、皆様の平和と幸せを願って、まさにクリスマスの日にクリスマスコンサートを企画してみました。姉の生徒

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
7か月過ぎてしまいましたが、、、コンサートの報告!

コロナ禍であることをいいことに、怠け癖がついてしまい、猛省をしている今日この頃です。 幸い、日本では落ち着いているのですが、ヨーロッパなどでは再び増加して大変な状況ですが、それでもwithコロナの生活

親子で楽しむ音楽会2021

2020年はコロナのお陰で、3月に予定していた発表会は中止になり、4月に予定していたコンサートも1年延期、12月のコンクールも中止、散々でした。生徒たちもモチベーションが下がっており、なんとなく緩んで

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

ヴァレンタインのチョコレート

今年も2月14日、ヴァレンタインデ―がやってきました。 前日にKちゃんのレッスンがあり、早速「先生、ヴァレンタインのチョコレートです。」ときれいな包装の包みをくれました。 毎年、先生にも手作りチョコを

Le Passage de la Musique その2

大変時間がたってしまいましたが、無事に2019年9月演奏会を終了することができました。 今回もちょっとくせのある選曲だったかなあと思いつつ、面白い内容になったと思います。 やはりサンサーンスは燃え上が

  • 愛知県出身。東京外国語大学ロシヤ語学科卒業。卒業後商社勤務を経たのちに音楽家に転身したという異例の経歴を持つ。
    2歳半よりヴァイオリンを始めるが15歳で中断。音楽とは一切関係のない生活を送っていたが、退職を決意し、2007年に渡仏。エコールノルマル音楽院(パリ)に入学し、ヴァイオリンをソランジュ・デッサンヌ氏、室内楽を故マリ=ピエール・ソマ氏に学ぶ。
    2011年11月に帰国。2012年2月より東京・大阪を中心に室内楽の演奏活動を積極的に行うと同時に、愛知県にて後進の指導にもあたっている。