*

春の発表会

   

先日の3月19日土曜日に春の発表会を行いました。

前日の夜は激しい雨と風、また今年も、3年連続雨になるのか、、、と少々憂鬱な気持ちで過ごしました。

午前中はまだ曇り空でしたが、段々青空が見えてきて気温も少しずつ上昇するのが感じられました。これで雨女とならずにすむか、とほっとしたところで会場入り。会場は御蔵を改造したこじんまりしたホールです。小さいのですが、とても音が綺麗に聴こえるので気に入っている場所です。舞台がばーんとあって、客席が閑散とした状態での発表会はあまり好きではないので、心地よい大きさに感じられます。

今年は、ソロはさることながら、弦楽合奏もがんばってもらいました。自分自身もヴィオラ初挑戦でした。普段は高音域なので、ビオラのC線(一番低い弦)の音を出すときは、その振動がなんだか嬉しく感じます。やはり、低音がしっかり入ると、アンサンブルは本当に素敵になります。ヴィオラ、チェロが入ったことで、本格的なカルテットとなりました。

普段生徒さんたちのスケジュールもあり、全パートが揃ってのあわせは、当日のリハーサルが初。他のヴァイオリン教室では決してそのような無謀なことはされないでしょう。。。(笑)フランス仕込のゆるい感じで、当日いきなりの本番。生徒さんたちの度胸と本番強さは十分わかっていますし、実力を信じていました。そして本番。やはりどの生徒さんもいざというときの底力はすごいもの。動じない。さすがは、わが生徒!

ソロも、皆本当に上手に弾けていました。比較的まだ年数が経っていない生徒さんが多いのですが、めきめき上達しています。去年ははじめたばかりで発表会には出なかった生徒さんもあっという間にガボットを上手に弾けるようになりました。10年程続けている生徒さんは難しいコンチェルトを弾けるようになっています。色々なレベルの生徒さんがいますが、それぞれベストを尽くせたと思います。

最後のしめは、きらきら星変奏曲。色々な音が混ざり合ってラストはものすごく盛り上がります。楽しそうに演奏している様子や、聞いてくださっているご父兄や関係者などの方々の表情もとても楽しそうで、これこそが音を楽しむ、音楽なんだ、と思います。

来年は、全員でまたアンサンブルを計画しており、今から何をやろうかと楽しみです。

アイネ・クライネ・ナハトムジーク

 -演奏活動, ヴァイオリンのレッスン


  関連記事

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

発表会

先日、4月5日(日)に生徒さんの発表会を開催いたしました。 何年も練習してきた生徒さんもいれば、レッスンを始めてまだ半年も経たない生徒さんもいますが、皆さんとても一生懸命練習をして、素晴らしい演奏会と

発表会でのアンサンブル演奏

2016年3月19日(土)に生徒さんの発表会を行うことになりました。 毎回、生徒さんとのアンサンブルをすることにしていますが、今まではバッハの「2つのヴァイオリンのための協奏曲」など、ヴァイオリンだけ

春の発表会2017

4月2日に1年に一回の発表会を開催しました。今年の発表会も、いつもお世話になっている八の蔵でさせていただき、とても和やかな雰囲気で、楽しく演奏できたと思います。 今年は習い始めて1年未満の生徒さんも何

刈谷こどものためのコンクール2019

毎年恒例となっている刈谷こどものためのコンクールが終了しました。 今年もさらに皆パワーアップして、とうとう銀賞2名、銅賞5名いただくことができました。 毎年課題曲がレベルアップしているようで、特に小学

こどものためのヴァイオリンコンクールin刈谷2018

    今年も刈谷で行われるこどものためのヴァイオリンコンクールが終了しました。今年は12月初旬のコンサートに参加してもらったこともあり、少しレッスン時間が短くなってしまったかなあ

ヴァレンタインのチョコレート

今年も2月14日、ヴァレンタインデ―がやってきました。 前日にKちゃんのレッスンがあり、早速「先生、ヴァレンタインのチョコレートです。」ときれいな包装の包みをくれました。 毎年、先生にも手作りチョコを

大阪での演奏

5月の初旬、私が長年勤務していた某商社の部門のOB・OG会から演奏のご依頼を受け、演奏させていただきました。 会場にはピアノがないため、姉とのヴァイオリンデュオの編成。ヴァイオリンは、メロディーを奏で

保育園でのクリスマス会

今年は、保育園のクリスマス会での演奏をしてから、普段めったにひかない風邪にかかり、クリスマス本番も家族の誕生日も正月もろくにお祝いできない寝たきり状態でした。気を取り直して、1月も終わろうというこの時

K子ちゃん、新作披露

このごろ、毎週レッスンでK子ちゃんは新作を披露してくれる。 最初、お母様から「どうしても弾きたいというので聴いていてもらえませんか?」と申し訳なさそうに申し出られた。私はこういう前向きな話は大好きだ。

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

ヴァレンタインのチョコレート

今年も2月14日、ヴァレンタインデ―がやってきました。 前日にKちゃんのレッスンがあり、早速「先生、ヴァレンタインのチョコレートです。」ときれいな包装の包みをくれました。 毎年、先生にも手作りチョコを

Le Passage de la Musique その2

大変時間がたってしまいましたが、無事に2019年9月演奏会を終了することができました。 今回もちょっとくせのある選曲だったかなあと思いつつ、面白い内容になったと思います。 やはりサンサーンスは燃え上が

刈谷こどものためのコンクール2019

毎年恒例となっている刈谷こどものためのコンクールが終了しました。 今年もさらに皆パワーアップして、とうとう銀賞2名、銅賞5名いただくことができました。 毎年課題曲がレベルアップしているようで、特に小学

Le Passage de la Musique

あっという間に月日は過ぎて、前回東京で行ったコンサートからはや5年。 家族の健康問題などでしばらくできなかったコンサートですが、ピアニストの石川真帆さんとのデュオで2019年9月28日にコンサートを渋

  • 愛知県出身。東京外国語大学ロシヤ語学科卒業。卒業後商社勤務を経たのちに音楽家に転身したという異例の経歴を持つ。
    2歳半よりヴァイオリンを始めるが15歳で中断。音楽とは一切関係のない生活を送っていたが、退職を決意し、2007年に渡仏。エコールノルマル音楽院(パリ)に入学し、ヴァイオリンをソランジュ・デッサンヌ氏、室内楽を故マリ=ピエール・ソマ氏に学ぶ。
    2011年11月に帰国。2012年2月より東京・大阪を中心に室内楽の演奏活動を積極的に行うと同時に、愛知県にて後進の指導にもあたっている。