*

7か月過ぎてしまいましたが、、、コンサートの報告!

   

コロナ禍であることをいいことに、怠け癖がついてしまい、猛省をしている今日この頃です。

幸い、日本では落ち着いているのですが、ヨーロッパなどでは再び増加して大変な状況ですが、それでもwithコロナの生活スタイルを確立しつつあるようですね。

さてさて、2021年4月18日に1年遅れの「春のヨーロッパ音楽紀行」と題してコンサートを開催させて頂きました。コロナで旅行に行くどころではない中、せめて音楽で旅行気分を味わっていただければなあ、という気持ちで決行しました。

1年温めただけあり内容はとても充実したものとなり、演奏する側ではありますが、そして、大変な自己満足かもしれませんが、楽しいコンサートとなりました。

イタリア(スカルラッティ・コレルリ・パイジェッロ)から始まり、ドイツ・オーストリア(ベートーベン・シューベルト・メンデルスゾーン・ブラームス)・フランス(フォーレ・ダンクラ・トマ・シャブリエ・ドビュッシー)・ロシア(チャイコフスキー・ラフマニノフ・プロコフィエフ)をたどりましたが、面白いことに、国をたどると自然と歴史もたどっていくことになりました。そうやって西洋音楽は変遷していったのだな、と納得いくものとなりました。

本当であればもっと多くのお客様に楽しんでいただきたかったのですが、やはりまだまだ油断できない時期でしたので、人数は半分に限定しました。お客様からは「本当に生の音を聴けてよかった」と心からおっしゃって頂き、ほっと一安心。

美術や音楽などの芸術は、生きていくのには余分で必要ない、と思われがちですが、やはり、人間の心にとっては芸術は「生活必需品」なのです!

次はまた1年後の4月17日(日)に同じアーク栄サロンホールにて、開催予定です。内容は、こうご期待!!

きっと楽しい音楽の世界を体験頂けると思います!

 

 

 

 -演奏活動


  関連記事

大阪での演奏

5月の初旬、私が長年勤務していた某商社の部門のOB・OG会から演奏のご依頼を受け、演奏させていただきました。 会場にはピアノがないため、姉とのヴァイオリンデュオの編成。ヴァイオリンは、メロディーを奏で

クリスマスコンサート2016

今年こそはしっかり書こうと思いつつ、またしても投稿が遅れてしまいましたが、昨年12月25日にクリスマスコンサートを行いました。お忙しい中、たくさんのお客様にご来場いただきまして、本当に感謝、感謝。そし

東京外国語大学中部支部総会

少し時間が経ってしまいましたが、2015年11月29日、わが母校東京外国語大学の中部支部総会が開催されました。 運営委員の中に所属していたサークルの先輩がいらっしゃいまして、気を利かせてくださり、総会

東海市芸術劇場 ロビーコンサート

2016年1月31日(日)の午前11から15分ほど、東海市芸術劇場のロビーでミニコンサートで演奏させていただきます。 ピアニストの保坂紗苗さんと、ドビュッシーの美しき夕暮れ、ラベルのヴァイオリン・ソナ

保育園でのクリスマス会

今年は、保育園のクリスマス会での演奏をしてから、普段めったにひかない風邪にかかり、クリスマス本番も家族の誕生日も正月もろくにお祝いできない寝たきり状態でした。気を取り直して、1月も終わろうというこの時

Le Passage de la Musique その2

大変時間がたってしまいましたが、無事に2019年9月演奏会を終了することができました。 今回もちょっとくせのある選曲だったかなあと思いつつ、面白い内容になったと思います。 やはりサンサーンスは燃え上が

親子で楽しむ音楽会

1月20日に不動院幼稚園主催の「親子で楽しむ音楽会」にご招待いただき、演奏させていただきました。以前にもよんでいただいたことがあり、今回は2回目でした。くしくも日付としては某新アメリカ大統領の就任式と

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

親子で楽しむ音楽会2021

2020年はコロナのお陰で、3月に予定していた発表会は中止になり、4月に予定していたコンサートも1年延期、12月のコンクールも中止、散々でした。生徒たちもモチベーションが下がっており、なんとなく緩んで

クリスマスコンサート2016

今年もあっという間に時間が過ぎ、気がつけばもう12月。 なにか激動の時代に突入しそうな2017年を前に、皆様の平和と幸せを願って、まさにクリスマスの日にクリスマスコンサートを企画してみました。姉の生徒

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
こどものためのコンクールin刈谷2021

またしても数か月経ってしまいましたが、コンクールの結果について書こうと思います。 2年ぶりのコンクールで、生徒たちのやる気もぐっとあがりましたが、なかなかどうして仕上げまでが苦労致しました。途中でオン

no image
7か月過ぎてしまいましたが、、、コンサートの報告!

コロナ禍であることをいいことに、怠け癖がついてしまい、猛省をしている今日この頃です。 幸い、日本では落ち着いているのですが、ヨーロッパなどでは再び増加して大変な状況ですが、それでもwithコロナの生活

親子で楽しむ音楽会2021

2020年はコロナのお陰で、3月に予定していた発表会は中止になり、4月に予定していたコンサートも1年延期、12月のコンクールも中止、散々でした。生徒たちもモチベーションが下がっており、なんとなく緩んで

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

ヴァレンタインのチョコレート

今年も2月14日、ヴァレンタインデ―がやってきました。 前日にKちゃんのレッスンがあり、早速「先生、ヴァレンタインのチョコレートです。」ときれいな包装の包みをくれました。 毎年、先生にも手作りチョコを

  • 愛知県出身。東京外国語大学ロシヤ語学科卒業。卒業後商社勤務を経たのちに音楽家に転身したという異例の経歴を持つ。
    2歳半よりヴァイオリンを始めるが15歳で中断。音楽とは一切関係のない生活を送っていたが、退職を決意し、2007年に渡仏。エコールノルマル音楽院(パリ)に入学し、ヴァイオリンをソランジュ・デッサンヌ氏、室内楽を故マリ=ピエール・ソマ氏に学ぶ。
    2011年11月に帰国。2012年2月より東京・大阪を中心に室内楽の演奏活動を積極的に行うと同時に、愛知県にて後進の指導にもあたっている。