*

Le Passage de la Musique その2

   

大変時間がたってしまいましたが、無事に2019年9月演奏会を終了することができました。

今回もちょっとくせのある選曲だったかなあと思いつつ、面白い内容になったと思います。

やはりサンサーンスは燃え上がります。そして、プロコフィエフ、演奏会でもついついMCで触れてしまましたが、きっと彼は嫌な奴だったに違いない!ご本人の随想集に日本に立ち寄った際の日記が載っており、読んでしまったのがよくなかった!本音を知ってしまったのです。日本へ来たのはしょうがなく、来たくてきたんじゃないやい、という態度がとても残念。しかも、演奏会をしたときに、日本人に音楽がわかるわけない、という記述も。むかっ腹がたちつつも、考えてみればそう思われてもしょうがないよなあ、という気になってきました。当時はまだ西洋文明を取り入れ始めたころ。音楽を聴くという場は相当な西洋かぶれでもないかぎり、まずないはず。今のようにちょっとネットで調べれば、YouTubeですぐに聴けてしまう世の中とは違うわけで、想像力を最大限駆使してプロコフィエフの気持ちを理解してみました。

せめて、そうしたプロコフィエフさんの気持ちを救うつもり(?)で演奏に臨みました。

そして、念願のストラヴィンスキーのイタリア組曲。バレエリュスのために作曲されたものですが、作曲といっても、ローマで眠っていた昔の作曲家が残した断片を使ったものです。古典的な中に斬新な音の組み合わせがとても面白いのです。ただし、弾きにくい、、、、

時代に翻弄された作曲家たちの心の吐露が残された作品であり、今また新たに世界が段々と不安に包まれている中で、作品を通してまた同じ過ちを犯すなよ、という気持ちで演奏させていただきました。音楽だけでなく、美術や文学など芸術家たちが命がけで残したものから学ぶことが多くあるのではないでしょうか。

 -演奏活動


  関連記事

春の発表会

先日の3月19日土曜日に春の発表会を行いました。 前日の夜は激しい雨と風、また今年も、3年連続雨になるのか、、、と少々憂鬱な気持ちで過ごしました。 午前中はまだ曇り空でしたが、段々青空が見えてきて気温

春の発表会2017

4月2日に1年に一回の発表会を開催しました。今年の発表会も、いつもお世話になっている八の蔵でさせていただき、とても和やかな雰囲気で、楽しく演奏できたと思います。 今年は習い始めて1年未満の生徒さんも何

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

東海市芸術劇場 ロビーコンサート

2016年1月31日(日)の午前11から15分ほど、東海市芸術劇場のロビーでミニコンサートで演奏させていただきます。 ピアニストの保坂紗苗さんと、ドビュッシーの美しき夕暮れ、ラベルのヴァイオリン・ソナ

大阪での演奏

5月の初旬、私が長年勤務していた某商社の部門のOB・OG会から演奏のご依頼を受け、演奏させていただきました。 会場にはピアノがないため、姉とのヴァイオリンデュオの編成。ヴァイオリンは、メロディーを奏で

東京外国語大学中部支部総会

少し時間が経ってしまいましたが、2015年11月29日、わが母校東京外国語大学の中部支部総会が開催されました。 運営委員の中に所属していたサークルの先輩がいらっしゃいまして、気を利かせてくださり、総会

クリスマスコンサート2016

今年こそはしっかり書こうと思いつつ、またしても投稿が遅れてしまいましたが、昨年12月25日にクリスマスコンサートを行いました。お忙しい中、たくさんのお客様にご来場いただきまして、本当に感謝、感謝。そし

音楽の愛に助けられ~ 豊川ライオンズクラブ55周年記念事業

12月9日に豊川ライオンズクラブさんと豊川共生ネットみらいさんの共催でコンサートをさせて頂きました。 「一度しかない人生、思い切り輝く」と題して、女性の社会進出という観点からプログラムを構成させていた

親子で楽しむ音楽会

1月20日に不動院幼稚園主催の「親子で楽しむ音楽会」にご招待いただき、演奏させていただきました。以前にもよんでいただいたことがあり、今回は2回目でした。くしくも日付としては某新アメリカ大統領の就任式と

クリスマスコンサート2016

今年もあっという間に時間が過ぎ、気がつけばもう12月。 なにか激動の時代に突入しそうな2017年を前に、皆様の平和と幸せを願って、まさにクリスマスの日にクリスマスコンサートを企画してみました。姉の生徒

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

ヴァレンタインのチョコレート

今年も2月14日、ヴァレンタインデ―がやってきました。 前日にKちゃんのレッスンがあり、早速「先生、ヴァレンタインのチョコレートです。」ときれいな包装の包みをくれました。 毎年、先生にも手作りチョコを

Le Passage de la Musique その2

大変時間がたってしまいましたが、無事に2019年9月演奏会を終了することができました。 今回もちょっとくせのある選曲だったかなあと思いつつ、面白い内容になったと思います。 やはりサンサーンスは燃え上が

刈谷こどものためのコンクール2019

毎年恒例となっている刈谷こどものためのコンクールが終了しました。 今年もさらに皆パワーアップして、とうとう銀賞2名、銅賞5名いただくことができました。 毎年課題曲がレベルアップしているようで、特に小学

Le Passage de la Musique

あっという間に月日は過ぎて、前回東京で行ったコンサートからはや5年。 家族の健康問題などでしばらくできなかったコンサートですが、ピアニストの石川真帆さんとのデュオで2019年9月28日にコンサートを渋

  • 愛知県出身。東京外国語大学ロシヤ語学科卒業。卒業後商社勤務を経たのちに音楽家に転身したという異例の経歴を持つ。
    2歳半よりヴァイオリンを始めるが15歳で中断。音楽とは一切関係のない生活を送っていたが、退職を決意し、2007年に渡仏。エコールノルマル音楽院(パリ)に入学し、ヴァイオリンをソランジュ・デッサンヌ氏、室内楽を故マリ=ピエール・ソマ氏に学ぶ。
    2011年11月に帰国。2012年2月より東京・大阪を中心に室内楽の演奏活動を積極的に行うと同時に、愛知県にて後進の指導にもあたっている。