*

コンクール2017

   

今年もとうとうコンクールの季節になりました。今年は参加人数も増え、緊張感がますます高まってきました。

最近コンクールに向けて少々厳しめのお稽古が続いているK子ちゃんは、ほぼ毎日お家で涙涙の連続らしく、入ってくる時もしょんぼり感が漂っています。そんななか、ひとり能天気に楽しそうに満面の笑顔で「お願いします!」と一緒に入ってくるのがK子ちゃんの妹のKこちゃん。(イニシャルでは一緒になってしまうので、Kこちゃんにしておきましょう)まだKこちゃんはレッスンを始めていないのですが、どうしてもお姉ちゃんと同じようにヴァイオリンをやりたい様子。16分の1のサイズのヴァイオリンはすでにもう自分のものだ、ということで「私のヴァイオリン!」とやる気満々です。ヴァイオリンを持つ練習の前に、レッスン室に入る挨拶と帰りの挨拶はもう完璧です。2人とも洋服もお揃いで、あまりにも微笑ましかったので写真を撮らせてもらいました。

去年の曲とは格段に難しくなっているのですが、どうしてどうして、頑張っています。まだヴァイオリンを始めて2年目なのによくぞここまで弾けるようになりました。毎日のお稽古の賜物です。曲の難易度が上がった分、ますます毎日の練習は厳しくなっていきます。これでいいや、ということには絶対になりません。樫本大進さんも、昔レッスン中に涙が出てしまい、レッスン室の外で泣いていたら、先生から「泣く暇があったら練習すればいい」と言われたという話をされていたそうです。そうかあ、、あんなに素晴らしいヴァイオリンニストでも、、、ちょっとホッとしてしまいました。こうして流す涙は、できない自分への悔し涙で、頭にきたり、ただ悲しいのとは全く違うものです。誰でも通らなければならない涙。去年の目標は曲を弾ききることでしたが、1年経つと少し欲が出てしまいます。しかし、賞が頂ければそれはそれで嬉しいことですが、まずは目標にむかって頑張ることを身につけるのが一番大事。諦めないこと、努力することが自然にできるようになれば、音楽だけではなく、一生の宝です。努力の結果はあとからついてくるもの。K子ちゃんはレッスンの後、少し元気になって帰っていきました。

 -ヴァイオリンのレッスン


  関連記事

刈谷こどものためのヴァイオリンコンクール2018

先日のコンサートが終了後、今度は生徒たちのコンクールがやってきます。 本当に1年というのはあっという間。記事をほとんど書いていない間に1年経ってしまいました。しかし、生徒たちは確実に成長しているようで

no image

レッスンは何歳からできるのか?

最近、3歳のR君が新しくレッスンを始めました。 R君はスターウォーズが大好きで、初めて会った時ライトセーバー持参でやってきました。ライトセーバーは身長よりも大きいのですが、そこは小さなジェダイ。格好良

発表会

先日、4月5日(日)に生徒さんの発表会を開催いたしました。 何年も練習してきた生徒さんもいれば、レッスンを始めてまだ半年も経たない生徒さんもいますが、皆さんとても一生懸命練習をして、素晴らしい演奏会と

春の発表会 2018

桜の季節があっという間に過ぎ去り、なんと初夏のような天気。もたもたしているうちに、発表会が終わって2週間が過ぎてしまいました。 今年の発表会もとても充実した良い発表会となりました。これも日々鍛錬を積ん

ふりふりワンピース

最近始めたばかりのAちゃん、とHちゃん、いつも女子力満載のワンピースで決めてきます。 いつもかわいいわね~、とコメントすると少し鼻の穴がふくらみつつ嬉しそうにしています。 どうやら、お母様方によると、

クッキー

先日のレッスン、いつものようにKちゃんがひとりでレッスン室に入ってきました。Kちゃんはヴァイオリン以外にもピアノをとてもがんばっている生徒さんです。10月にもピアノのコンクールに出場し、次は名古屋でも

コンクール

今年の12月23、24日に行われた刈谷こどものためのヴァイオリンコンクールに生徒が2名参加しました。K子ちゃんは銅賞、H君は努力賞でした。二人とも本当に短い時間でよく練習してくれました。 K子ちゃんは

発表会でのアンサンブル演奏

2016年3月19日(土)に生徒さんの発表会を行うことになりました。 毎回、生徒さんとのアンサンブルをすることにしていますが、今まではバッハの「2つのヴァイオリンのための協奏曲」など、ヴァイオリンだけ

レッスンの楽しみ

春は、眠っていたものがいっせいに目を覚まし、新しい命が芽生えてくる季節であり、日本では卒業や入学、入社など、人生の大きな変化が起こったりする時期でもあります。何か新しいことを始める方も多いのではないで

ヴァレンタインのチョコレート

今年も2月14日、ヴァレンタインデ―がやってきました。 前日にKちゃんのレッスンがあり、早速「先生、ヴァレンタインのチョコレートです。」ときれいな包装の包みをくれました。 毎年、先生にも手作りチョコを

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

ヴァレンタインのチョコレート

今年も2月14日、ヴァレンタインデ―がやってきました。 前日にKちゃんのレッスンがあり、早速「先生、ヴァレンタインのチョコレートです。」ときれいな包装の包みをくれました。 毎年、先生にも手作りチョコを

Le Passage de la Musique その2

大変時間がたってしまいましたが、無事に2019年9月演奏会を終了することができました。 今回もちょっとくせのある選曲だったかなあと思いつつ、面白い内容になったと思います。 やはりサンサーンスは燃え上が

刈谷こどものためのコンクール2019

毎年恒例となっている刈谷こどものためのコンクールが終了しました。 今年もさらに皆パワーアップして、とうとう銀賞2名、銅賞5名いただくことができました。 毎年課題曲がレベルアップしているようで、特に小学

Le Passage de la Musique

あっという間に月日は過ぎて、前回東京で行ったコンサートからはや5年。 家族の健康問題などでしばらくできなかったコンサートですが、ピアニストの石川真帆さんとのデュオで2019年9月28日にコンサートを渋

  • 愛知県出身。東京外国語大学ロシヤ語学科卒業。卒業後商社勤務を経たのちに音楽家に転身したという異例の経歴を持つ。
    2歳半よりヴァイオリンを始めるが15歳で中断。音楽とは一切関係のない生活を送っていたが、退職を決意し、2007年に渡仏。エコールノルマル音楽院(パリ)に入学し、ヴァイオリンをソランジュ・デッサンヌ氏、室内楽を故マリ=ピエール・ソマ氏に学ぶ。
    2011年11月に帰国。2012年2月より東京・大阪を中心に室内楽の演奏活動を積極的に行うと同時に、愛知県にて後進の指導にもあたっている。