*

K子ちゃん、新作披露

   

このごろ、毎週レッスンでK子ちゃんは新作を披露してくれる。

最初、お母様から「どうしても弾きたいというので聴いていてもらえませんか?」と申し訳なさそうに申し出られた。私はこういう前向きな話は大好きだ。どれどれ、と聴く体制をとった。K子ちゃん、少々興奮気味に「かえるの歌」を披露してくれた。まだ、しっかり音程を教えてはいなかったのにである。お母様も気が付いていなかったそうだが、自分で音を探し当てて曲にしていったそうだ。なんと子供の能力とは素晴らしいことか!自分から進んでやってみる。こういうことがとても大事なのだ。拍手喝采!K子ちゃん、鼻息も荒く、どや顔。涙がでそうになるくらい嬉しかった。

中には、先生が教えることだけをやればいい、変なクセがつく、マイナスになる、等々を言う先生もいらっしゃる。反対する理由もわかる。しかし、まずは楽しくなければ音楽ではないと私は思う。最初からチャイコフスキーコンクールを目指す、とかいう話であれば少々違うかもしれないが、文字通り音を楽しむ。それでいいではないか。それに、ヴァイオリンはなかなか体に馴染んでくれない。弾きたい音を探り出したり、弾きたいと思ったメロディーを弾いているうちに体にあってくるのだと思う。思い起こせば自分もよく耳に残った曲やら、救急車の音やら真似したものだ。先生のいうことを100%そのまま繰り返すだけでも本当はいけないのだと思う。あれこれ自分から試行錯誤してどれうすべきかをさがしていくこと。自分で考える力が必要だ。

私をびっくりさせようという悪戯心も混じっての、とても嬉しいサプライズを自分から企ててくれていることが何よりも嬉しい。自分から何かをする。自分で考える。最も大事なことだ。昨今、幼稚園児から社会人も含め、あまりにも受身な人が多すぎて驚かされることが多い。何を待っているのやら。白馬の王子様を待っている中年夢見心地女子、ありえない。本当にパートナーをゲットしたいのであれば、当たって砕け散ればいいのだ。傷ついてなんぼ。ズタズタにならないとわからないこともある。経験はオンナっぷりを、男っぷりを更にあげるものである。恋愛でも、楽器でも、勉強でも、仕事でも何をするにも同じだと思う。

K子ちゃんの新作披露は今週も続く。

 

 

 

 -ヴァイオリンのレッスン


  関連記事

レッスンの楽しみ

春は、眠っていたものがいっせいに目を覚まし、新しい命が芽生えてくる季節であり、日本では卒業や入学、入社など、人生の大きな変化が起こったりする時期でもあります。何か新しいことを始める方も多いのではないで

こどものためのヴァイオリンコンクールin刈谷2018

    今年も刈谷で行われるこどものためのヴァイオリンコンクールが終了しました。今年は12月初旬のコンサートに参加してもらったこともあり、少しレッスン時間が短くなってしまったかなあ

こどものためのコンクール2017

2017年があっという間にすぎて、既にもう1月も終わろうとしているのですが、2017年12月に刈谷にて開催されたこどものためのコンクールについて書こうと思います。 今年は、当教室から4人も参加すること

春の発表会in Hawaii

毎年、生徒さんの発表会を3月中旬から4月初旬にかけて開催します。今年は、地元で発表会を行った後(現在日時は未定です)、ハワイのホノルルにある姉の教室と合同でハワイでも開催することとなりました。ハワイで

ふりふりワンピース

最近始めたばかりのAちゃん、とHちゃん、いつも女子力満載のワンピースで決めてきます。 いつもかわいいわね~、とコメントすると少し鼻の穴がふくらみつつ嬉しそうにしています。 どうやら、お母様方によると、

no image

レッスンは何歳からできるのか?

最近、3歳のR君が新しくレッスンを始めました。 R君はスターウォーズが大好きで、初めて会った時ライトセーバー持参でやってきました。ライトセーバーは身長よりも大きいのですが、そこは小さなジェダイ。格好良

天才棋士

最近将棋の藤井四段が連日のように話題になり、将棋の面白さを始めて知ったり、本当に年齢関係なく「真剣勝負」をし、潔よく「負けました」という姿を見るにつけ、精神年齢が著しく発達していない大人たちの姿がさら

春の発表会

先日の3月19日土曜日に春の発表会を行いました。 前日の夜は激しい雨と風、また今年も、3年連続雨になるのか、、、と少々憂鬱な気持ちで過ごしました。 午前中はまだ曇り空でしたが、段々青空が見えてきて気温

クッキー

先日のレッスン、いつものようにKちゃんがひとりでレッスン室に入ってきました。Kちゃんはヴァイオリン以外にもピアノをとてもがんばっている生徒さんです。10月にもピアノのコンクールに出場し、次は名古屋でも

春の発表会2019

今年も春休みに発表会を行う予定ですが、暖冬のせいなのか(?)いつもと気合いの入り方が若干違う気がします。 大人の生徒さんたちは、この1年でとても上手になられました。その成長ぶりをとくとみせていただきた

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

ヴァレンタインのチョコレート

今年も2月14日、ヴァレンタインデ―がやってきました。 前日にKちゃんのレッスンがあり、早速「先生、ヴァレンタインのチョコレートです。」ときれいな包装の包みをくれました。 毎年、先生にも手作りチョコを

Le Passage de la Musique その2

大変時間がたってしまいましたが、無事に2019年9月演奏会を終了することができました。 今回もちょっとくせのある選曲だったかなあと思いつつ、面白い内容になったと思います。 やはりサンサーンスは燃え上が

刈谷こどものためのコンクール2019

毎年恒例となっている刈谷こどものためのコンクールが終了しました。 今年もさらに皆パワーアップして、とうとう銀賞2名、銅賞5名いただくことができました。 毎年課題曲がレベルアップしているようで、特に小学

Le Passage de la Musique

あっという間に月日は過ぎて、前回東京で行ったコンサートからはや5年。 家族の健康問題などでしばらくできなかったコンサートですが、ピアニストの石川真帆さんとのデュオで2019年9月28日にコンサートを渋

  • 愛知県出身。東京外国語大学ロシヤ語学科卒業。卒業後商社勤務を経たのちに音楽家に転身したという異例の経歴を持つ。
    2歳半よりヴァイオリンを始めるが15歳で中断。音楽とは一切関係のない生活を送っていたが、退職を決意し、2007年に渡仏。エコールノルマル音楽院(パリ)に入学し、ヴァイオリンをソランジュ・デッサンヌ氏、室内楽を故マリ=ピエール・ソマ氏に学ぶ。
    2011年11月に帰国。2012年2月より東京・大阪を中心に室内楽の演奏活動を積極的に行うと同時に、愛知県にて後進の指導にもあたっている。