*

レッスンは何歳からできるのか?

   

最近、3歳のR君が新しくレッスンを始めました。

R君はスターウォーズが大好きで、初めて会った時ライトセーバー持参でやってきました。ライトセーバーは身長よりも大きいのですが、そこは小さなジェダイ。格好良くポーズ。実は私もスターウォーズが大好き!発表会でスターウォーズのテーマを弾こうね、と盛り上がりました。

初めてのレッスンがやってきました。最初にすることは、楽器を手で持つこと。ぶつけたりしないように、どこをもったらいいのかをまず体で覚えてもらいます。そして構え方。ヴァイオリンも弓も持ち方がとても難しく、すぐにはなかなかできないものです。説明をしているとき、R君は突然泣き出してしまいました。まだ3歳、早く弾きたいという気持ちと持ち方の大変さのギャップを体験して、どうしていいのかわからず悔しさで泣いてしまったようです。次のレッスンも、その次も泣いてしまいました。もしかしたらレッスンはもう少し大きくなるまで待ったほうがいいかな、と考えている間に次のレッスンを迎えました。驚いたことに、左手で楽器を構えることも、右手で弓を持つことも形になりつつありました。すごいぞ、R君!なんと、R君、右手の持ち方を写真をじっくり観察して見よう見まねで練習してきたとのこと。「ほおおっ!すごいぞお!」と感心すると、R君はすっかりご満悦。どや顔で帰っていきました。それ以来、R君は泣くことなく、20~30分ぐらいしっかり集中してレッスンが出来ています。3歳児なのに、ずっと立ったまま。休憩する?と聞いても、「やる」と言ってそのまま続けます。集中力のすごさには驚かされます。

何かを習うためにはある程度年齢が関係するかもしれませんが、つまるところは個人差だと実感しました。まだ日本語があやふやで、言葉で説明したとしても全て理解できるわけではないのですが、本人の「弾きたい」という情熱があればレッスンは可能なんだなあ、と、またしても生徒さんから教えられました。3歳児をみくびっていけない!歳をとって始めた方も同様のことが言えます。言われたことが頭で理解はできても、なかなか体と脳みそがつながらない。しかし、やる気で上達できるのです。何でも「どうせ~だから」という決めつけをしてはいけないのです。

またひとつ、レッスンの楽しみが増えました。

 

 -ヴァイオリンのレッスン


  関連記事

ハワイでの発表会・Class Concert in Hawaii

3月19日の日本での発表会に続き、3月26日にハワイで姉主催のヴァイオリン教室と合同で発表会を行いました。初めての試みでしたが、必ず楽しい発表会になる、という予感がありました。発表会終了2日で準備をし

ふりふりワンピース

最近始めたばかりのAちゃん、とHちゃん、いつも女子力満載のワンピースで決めてきます。 いつもかわいいわね~、とコメントすると少し鼻の穴がふくらみつつ嬉しそうにしています。 どうやら、お母様方によると、

春の発表会

先日の3月19日土曜日に春の発表会を行いました。 前日の夜は激しい雨と風、また今年も、3年連続雨になるのか、、、と少々憂鬱な気持ちで過ごしました。 午前中はまだ曇り空でしたが、段々青空が見えてきて気温

刈谷こどものためのヴァイオリンコンクール2018

先日のコンサートが終了後、今度は生徒たちのコンクールがやってきます。 本当に1年というのはあっという間。記事をほとんど書いていない間に1年経ってしまいました。しかし、生徒たちは確実に成長しているようで

天才棋士

最近将棋の藤井四段が連日のように話題になり、将棋の面白さを始めて知ったり、本当に年齢関係なく「真剣勝負」をし、潔よく「負けました」という姿を見るにつけ、精神年齢が著しく発達していない大人たちの姿がさら

発表会でのアンサンブル演奏

2016年3月19日(土)に生徒さんの発表会を行うことになりました。 毎回、生徒さんとのアンサンブルをすることにしていますが、今まではバッハの「2つのヴァイオリンのための協奏曲」など、ヴァイオリンだけ

春の発表会 2018

桜の季節があっという間に過ぎ去り、なんと初夏のような天気。もたもたしているうちに、発表会が終わって2週間が過ぎてしまいました。 今年の発表会もとても充実した良い発表会となりました。これも日々鍛錬を積ん

コンクール

今年の12月23、24日に行われた刈谷こどものためのヴァイオリンコンクールに生徒が2名参加しました。K子ちゃんは銅賞、H君は努力賞でした。二人とも本当に短い時間でよく練習してくれました。 K子ちゃんは

コンクール2017

今年もとうとうコンクールの季節になりました。今年は参加人数も増え、緊張感がますます高まってきました。 最近コンクールに向けて少々厳しめのお稽古が続いているK子ちゃんは、ほぼ毎日お家で涙涙の連続らしく、

刈谷こどものためのコンクール2019

毎年恒例となっている刈谷こどものためのコンクールが終了しました。 今年もさらに皆パワーアップして、とうとう銀賞2名、銅賞5名いただくことができました。 毎年課題曲がレベルアップしているようで、特に小学

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

親子で楽しむ音楽会2021

2020年はコロナのお陰で、3月に予定していた発表会は中止になり、4月に予定していたコンサートも1年延期、12月のコンクールも中止、散々でした。生徒たちもモチベーションが下がっており、なんとなく緩んで

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

ヴァレンタインのチョコレート

今年も2月14日、ヴァレンタインデ―がやってきました。 前日にKちゃんのレッスンがあり、早速「先生、ヴァレンタインのチョコレートです。」ときれいな包装の包みをくれました。 毎年、先生にも手作りチョコを

Le Passage de la Musique その2

大変時間がたってしまいましたが、無事に2019年9月演奏会を終了することができました。 今回もちょっとくせのある選曲だったかなあと思いつつ、面白い内容になったと思います。 やはりサンサーンスは燃え上が

刈谷こどものためのコンクール2019

毎年恒例となっている刈谷こどものためのコンクールが終了しました。 今年もさらに皆パワーアップして、とうとう銀賞2名、銅賞5名いただくことができました。 毎年課題曲がレベルアップしているようで、特に小学

  • 愛知県出身。東京外国語大学ロシヤ語学科卒業。卒業後商社勤務を経たのちに音楽家に転身したという異例の経歴を持つ。
    2歳半よりヴァイオリンを始めるが15歳で中断。音楽とは一切関係のない生活を送っていたが、退職を決意し、2007年に渡仏。エコールノルマル音楽院(パリ)に入学し、ヴァイオリンをソランジュ・デッサンヌ氏、室内楽を故マリ=ピエール・ソマ氏に学ぶ。
    2011年11月に帰国。2012年2月より東京・大阪を中心に室内楽の演奏活動を積極的に行うと同時に、愛知県にて後進の指導にもあたっている。