*

ハワイでの発表会・Class Concert in Hawaii

   

3月19日の日本での発表会に続き、3月26日にハワイで姉主催のヴァイオリン教室と合同で発表会を行いました。初めての試みでしたが、必ず楽しい発表会になる、という予感がありました。発表会終了2日で準備をし、なんとなく慌しい状態で日本を出発しました。

IMG_5059

3月22日にホノルルに入りましたが、やはり日本の肌寒い春の気候とはうってかわって日差しが痛い!

早速、アンサンブルで使うチェロを借りに、CK VIOLINさんにおじゃましました。ニコラスさんが大変お忙しそうにされていましたが、とても親切にしていただきました。素晴らしい音色のチェロをお借りでき、さらにワクワク感が上昇。幸先のよい始まりとなりました。

翌日は発表会に必要なものの買出しに。休憩の際にスナックやクッキー、ジュースなどを出す予定で、テーブルクロスやパーティー用のオードブル皿などを調達しました。普段あまり買い物に興味のない私ですが、久しぶりに買い物が楽しく、興奮気味でした。

発表会当日、前日の嵐のような雨はすっかり晴れて快晴に。集合した生徒さん達もなんとなく興奮気味でした。姉がホノルルの教室の発表会を行うのは初めてということで更にテンションがあがりました。

学校のお休み時期の都合もあり、日本からの生徒さんたちはみなぎりぎりに到着予定で、リハーサルがほとんど出来ないスケジュールでした。1週間前の日本での発表会でのできばえは素晴らしかったので、心配はありませんでした。飛行機が予定通りに着くことだけを祈っていました。IMG_3388

ハワイの生徒さんたちも日本の生徒さん同様、皆とても個性が強く面白い子供・大人ばかり。中学2年生の司会役の生徒さんは、これまた格好いいジェントルマンで、発表会を盛り上げてくれました。普段引っ込み思案であまり声が聞こえないKちゃん。本番30分前に合奏のパートが自分には簡単すぎる、と言い出し、メインメロディーのパートに急遽変更となりました。日本ではまずおきないようなハプニング?が続出。面白すぎます。私の教室ではクラシック以外の曲はあまりやらないのですが、さすがそこはUSA、ディズニーの曲やスター・ウォーズのテーマなど、いつもと大分違う雰囲気でした。4歳のTちゃん、リハーサルの時に眠くなってしまったのですが、本番は「ら」の音だけで4曲を弾きとおし、拍手喝采、観客を本当に楽しませてくれました。他の生徒さん達も、「人前で弾く」ことがとても刺激になったようでした。いつものレッスンの時にはあまり弾けていなかったのが、暗譜で弾きとおせたりしたことでとても自信がついたようです。お互いの演奏を聴くことで、もっとがんばろうと思えたり、失敗を悔やんだり。そうしたことで、また前進できるのだと思います。こうした経験は、長い人生を歩む中でとても大事だと思います。練習しなければ恥をかくのは自分。がんばってみんなから褒められるのも自分次第。また辛くても続けること、これが何の分野でも共通して大事なことではないでしょうか。

これから毎年合同の発表会ができ、更に弦楽合奏もパワーアップできるといいな、と思いながら帰国の途につきました。

なにはともあれ、音楽は楽しい!アロハ!

M1080001

全員で合奏

 -ヴァイオリンのレッスン


  関連記事

春の発表会in Hawaii

毎年、生徒さんの発表会を3月中旬から4月初旬にかけて開催します。今年は、地元で発表会を行った後(現在日時は未定です)、ハワイのホノルルにある姉の教室と合同でハワイでも開催することとなりました。ハワイで

毎日のお稽古

発表会がおわり、もうすぐ1ヶ月が過ぎようとしています。本当に時間が経つのはあっという間。 将来ヴァイオリンの先生になりたいという夢を持っているK子ちゃんは今週も元気にレッスンにやってきました。次の目標

春の発表会2019

今年も春休みに発表会を行う予定ですが、暖冬のせいなのか(?)いつもと気合いの入り方が若干違う気がします。 大人の生徒さんたちは、この1年でとても上手になられました。その成長ぶりをとくとみせていただきた

天才棋士

最近将棋の藤井四段が連日のように話題になり、将棋の面白さを始めて知ったり、本当に年齢関係なく「真剣勝負」をし、潔よく「負けました」という姿を見るにつけ、精神年齢が著しく発達していない大人たちの姿がさら

クッキー

先日のレッスン、いつものようにKちゃんがひとりでレッスン室に入ってきました。Kちゃんはヴァイオリン以外にもピアノをとてもがんばっている生徒さんです。10月にもピアノのコンクールに出場し、次は名古屋でも

春の発表会 2018

桜の季節があっという間に過ぎ去り、なんと初夏のような天気。もたもたしているうちに、発表会が終わって2週間が過ぎてしまいました。 今年の発表会もとても充実した良い発表会となりました。これも日々鍛錬を積ん

刈谷こどものためのヴァイオリンコンクール2018

先日のコンサートが終了後、今度は生徒たちのコンクールがやってきます。 本当に1年というのはあっという間。記事をほとんど書いていない間に1年経ってしまいました。しかし、生徒たちは確実に成長しているようで

こどものためのコンクール2017

2017年があっという間にすぎて、既にもう1月も終わろうとしているのですが、2017年12月に刈谷にて開催されたこどものためのコンクールについて書こうと思います。 今年は、当教室から4人も参加すること

春の発表会

先日の3月19日土曜日に春の発表会を行いました。 前日の夜は激しい雨と風、また今年も、3年連続雨になるのか、、、と少々憂鬱な気持ちで過ごしました。 午前中はまだ曇り空でしたが、段々青空が見えてきて気温

発表会

先日、4月5日(日)に生徒さんの発表会を開催いたしました。 何年も練習してきた生徒さんもいれば、レッスンを始めてまだ半年も経たない生徒さんもいますが、皆さんとても一生懸命練習をして、素晴らしい演奏会と

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

春のヨーロッパ音楽紀行

巷は新型コロナウィルスが広がりつつあり、心配なのですが、大丈夫だと信じてコンサートを開催致します。 2020年4月19日、伏見のアーク栄サロンホールにて(午後2時開演)音楽紀行プラス、時間旅行をお楽し

ヴァレンタインのチョコレート

今年も2月14日、ヴァレンタインデ―がやってきました。 前日にKちゃんのレッスンがあり、早速「先生、ヴァレンタインのチョコレートです。」ときれいな包装の包みをくれました。 毎年、先生にも手作りチョコを

Le Passage de la Musique その2

大変時間がたってしまいましたが、無事に2019年9月演奏会を終了することができました。 今回もちょっとくせのある選曲だったかなあと思いつつ、面白い内容になったと思います。 やはりサンサーンスは燃え上が

刈谷こどものためのコンクール2019

毎年恒例となっている刈谷こどものためのコンクールが終了しました。 今年もさらに皆パワーアップして、とうとう銀賞2名、銅賞5名いただくことができました。 毎年課題曲がレベルアップしているようで、特に小学

Le Passage de la Musique

あっという間に月日は過ぎて、前回東京で行ったコンサートからはや5年。 家族の健康問題などでしばらくできなかったコンサートですが、ピアニストの石川真帆さんとのデュオで2019年9月28日にコンサートを渋

  • 愛知県出身。東京外国語大学ロシヤ語学科卒業。卒業後商社勤務を経たのちに音楽家に転身したという異例の経歴を持つ。
    2歳半よりヴァイオリンを始めるが15歳で中断。音楽とは一切関係のない生活を送っていたが、退職を決意し、2007年に渡仏。エコールノルマル音楽院(パリ)に入学し、ヴァイオリンをソランジュ・デッサンヌ氏、室内楽を故マリ=ピエール・ソマ氏に学ぶ。
    2011年11月に帰国。2012年2月より東京・大阪を中心に室内楽の演奏活動を積極的に行うと同時に、愛知県にて後進の指導にもあたっている。